料金はどれくらいになる?|映像広告で様々な人へ向けてアピール!映像制作を依頼しよう!

映像広告で様々な人へ向けてアピール!映像制作を依頼しよう!

料金はどれくらいになる?

ビジネス

映像制作・動画制作にかかる料金は、企画内容や使うスタッフによって大きく変動します。
映像制作には、主にプロデューサーや演出家、カメラマン、照明技師などの人件費はもちろん、企画関連費や撮影費、編集費、納品メディア費用などがかかります。
企画関連費は自分で作ることができれば抑えることができるところですが、発注主の多くは企画プレゼンを依頼し、その中からアイデアをもらうことが多いようです。

この企画関連費ですが、作る映像の長さや数によって変化する特徴があります。
料金が変動してしまうのなら、だいたいいくらぐらいになるのか、予想することが難しいですよね。
そのため、映像制作を依頼したい企業担当者は広告制作料金基準表を手元に用意し、発注先が出してきた見積もりと照らし合わせながら、何故これくらいの費用なのかきちんと把握することが大事です。

一般的には15秒で3万、30秒で5万ほどの費用がかかります。プロデューサーの費用は10万が妥当といえるようです。
しかし、依頼する映像制作会社によっては企画提案だけでなく、実制作を確実に任せてくれるなら企画関連費を抑えてくれるところもあるようです。
企画関連費をできるだけ抑えたいのであれば、映像制作を依頼するときに様々な会社について調べ、そういった会社を見つけて依頼するのも一つの手かもしれません。

また、中にはプロデューサー、ディレクター、カメラマンだけいれば企画から撮影、編集、納品までこなしてしまう少数精鋭型の企業も出てきています。
こういった会社の特徴として仲良くなればかなり相談にのってくれるという点が挙げられます。
大手に依頼するのが難しそうであれば、このような少数精鋭型の企業へ依頼するのも有効でしょう。